注文住宅などはフクシマ建設で【センスフルな住宅づくり】

ハウスメーカーに出す

価格の内訳と内容について

Attractive house

注文住宅の場合、価格は大まかに土地と建物と諸経費に分けられます。土地は地域ごとに相場が異なるのでどこに住みたいかによって価格は異なります。建物は坪単価がハウスメーカーによって決まっています。諸経費は水道工事やガス工事や地盤改良などがありますが、土地によってかからない部分やプラスで必要となる部分もありますが、大体400万円くらいが目安といわれています。まず、総予算を決めて希望の間取りの見積もりをハウスメーカーに出してもらうべきです。建物と諸経費400万円を総予算から引くと土地にかけられる価格が決まってきます。注文住宅の場合は、土地にお金をかけるのか建物にお金をかけるのかなどバランスを自分で決めることができるので便利です。

注文住宅のメリットについて

注文住宅は自分で間取りや内装など全て自由に決めることができる点が魅力的です。自分の家族構成や生活スタイルに合わせて好みのマイホームを建てることができます。注文住宅の場合、設備は標準とオプションがあります。標準設備から選択する場合は追加料金がありませんが、オプション設備の場合は差額分がかかります。ハウスメーカーによって取り扱っている標準設備のメーカーは異なります。自分が特にこだわりたい設備がある場合は、事前に確認しておくことが大切です。基本的には金額は高くなる場合もありますが、どのメーカーでも設置してくれることがほとんどです。また、各ハウスメーカーのオリジナルの設備もあります。これは独自に作っているもので、そこでしか取り付けられないものです。お気に入りのオリジナル設備がある場合は、ハウスメーカーの比較検討の際の材料にもなります。